閉じる

【紫木蓮】

大阪のお花の学校花のあとりえクランツ | 大阪NFD公認校フラワースクールクランツ(教室)

【紫木蓮】

1999年11月30日
【紫木蓮】
紫木蓮の花が空に向かい、両手を広げるように花を咲かせています。
鳥が止まって休んでいる様に見える
白や紫の美しい『木蓮』は、
とっても馴染み深い花です。
春に咲きとてもよい香りがし、古くは恐竜も食べていたと言われる花木です。

紫木蓮(しもくれん)は、別名をマグノリアといい、 落葉小高木です。 通常、木蓮と言えば、濃紅色の花を咲かせる紫木蓮のことをいいます。

花言葉
『優美』『恩恵』『控えめな美』

木蓮は、花が咲いてから散るまでが
3〜4日と非常に短いのが特徴です。
花の色は落ち着いた濃いめの紫で、
上向きに咲き誇る姿はとても優雅で素敵です。は方向を知らせてくれる
そして、木蓮は”コンパスプランツ(方向指標植物)”といわれる植物に属しています。
木蓮の蕾をよーく見るととがった方が全て『北』を差しています。古くは登山家や旅人たちは、こうした植物や星・太陽の位置から方角を確認していたといいます。

更新日: 2016-04-09 01:05:02