閉じる

秋桜(こすもす)

大阪お花の学校は花のあとりえクランツ | 大阪NFD公認校フラワースクールクランツ(教室)

秋桜(こすもす)

2016年10月19日
ほんのりと秋風の中、空を見上げる秋桜の花が
咲いています。
秋桜
春の花といえば桜、夏の花といえばひ向日葵と連想するように、秋に咲く花といえば秋桜(こすもす)を連想する人が多いと思います。
日本語では「秋の桜」と書く秋桜(こすもす)の花。秋になると街路や庭先でも良く見かける秋桜は、日本の秋を代表するお花と言えるでしょう。
茎が細くて風に吹かれてゆらゆらと揺れる姿がどこか儚げなことからも日本的なイメージを連想させますが、実は原産国はメキシコなんです。
秋桜は、アメリカ大陸を発見したコロンブスがメキシコからスペインに持ち帰ったことで世界中に広まったそうで、日本には明治時代に伝えられたそうです。

花言葉
「乙女の真心」「調和」「謙虚」

花名の秋桜(こすもす)は、ギリシア語の(意味は、美しさ・調和・宇宙など)に由来し、化粧品のコスメティクスも同じ語源です。
宇宙では星や惑星が規則正しく並んでいるように、秋桜もその花びらを放射線状に規則正しく広げて美しく咲く様子から名付けられたそうです。

更新日: 2016-10-19